msn三太郎の釣り日記

本命釣れないリハ療法士3人組の北海道釣り日記

今更だけど 北海道電力→LOOPでんき 

こんにちは。今回の記事は

北海道電力からLOOPでんきに変更しましたので変更に至った経緯や手続きについて色々と調べましたので、これから電力会社の変更を検討されている方向けに参考になればと思い、記事にさせて頂きます。

 

 

電力自由化とは

これまでは北海道電力、東京電力、関西電力など各地域の電力会社だけが電気を販売しており、電気をどこから買うかを消費者は選ぶことはできませんでした。

それが2016年4月より電力自由化が始まり、電気の小売業への参入が全面自由化され、消費者が電力会社や料金メニューを自由に、ライフスタイル等に合わせて選べるようになしました。

 

今回調べるうちに私も知りましたが、

2000年3月より大きな工場やデパート、オフィスビルなどの『特別電圧』という区分では電力自由化は始まっていたそうです。それが2004年には小規模工場などの『高圧』区分、そして2016年4月から『低圧』区分の一般家庭や商店も自由化になったそうです。

 

詳しくはこちら経済産業省資源エネルギー庁より

 

LOOP電気を選んだ理由

LOOPでんきを選ぶメリットとして以下の点が挙げられます。

・基本料金0円

・使った分だけ支払うシンプルな料金システム

・契約期間の縛りがなく、やめたいときに違約金なしで解約できる

などが挙げられます。

私は簡単シミュレーションサイトにてたくさんの電力小売会社の中からLOOPでんきをオススメされたこともありLOOPでんきにしました。

このサイトでは

・郵便番号

・世帯人数

・日中、夜間の在宅状況

・現在の電力会社

・契約プラン、アンペア数(検針票に書いてます)

・ある月の電気使用量(検針票に書いてます)

を入力するだけであなたに合った電力会社をオススメ順に表示してくれる画期的なサイトです。

私の家庭の場合は年間の電気代が16,923円も節約になる結果となりました。

※こちらは初年度の節約額で内訳としてはこちらのサイトから申し込めばギフト券4,100円分が貰えるので実際の電気代としての節約は16,923円-4,100円12,823円の節約となりました。

 

各個人に最適な電力会社を選んでくれるシミュレーションはこちら

 

電力会社の変更に伴った手続き〜電気供給

変更に伴った手続きはとても簡単でした。

申し込み→工事→供給開始。これだけ!

そう!北海道電力への解約の手続きは今回選んだ電力会社が使用中の電力会社に

現在そちらで契約されている●●さんから私の会社に変更の申し込みが来たのでそちらとの契約は終わりにしますね」と連絡してくれるので消費者は一切連絡しなくていいのです!

つまり私の場合

LOOPでんき北海道電力

「三太郎さんがこの度LOOPでんきと契約を結ぶことになりましたので北海道電力さんとの契約は終わりになります」※文言はわかりませんが・・(笑)

と手続きを踏んでくれるのです。

私が電力会社変更で一番面倒だと思っていた手続きがしなくていいのです!

私は携帯電話の解約インターネットの解約などのや諸々の解約手続きは

なんで止めるの?

次の会社は決まってるの?

など、

消費者の『やめます。』会社の『わかりました。』の2言で済まないのが本当に嫌いです。私以外にも同じ気持ちの方は少なくないと思います。でも安心を!

この電力会社の変更は法律で新しく契約する電力会社が現在契約中の電力会社に解約手続きをしないといけないという決まりがあるのです!

なので私はとても変更に伴う手続きのハードルがグッと下がりました!

 

契約後はスマートメーターという電気使用量の検針を遠隔でできる機能や30分ごとの電気使用量を計測できる通信機能がついた機械を取り付ける工事が必要になります(無設置の方のみ)が立会いは必要ありません。お仕事を休んで立ち会う必要はありません。お金も原則かかりません。

 

スマートメーター設置後は新しい契約会社から●月●日より電気を供給します。との案内が来ます。

変更当日は私はたまたま在宅しておりましたが、一瞬電気が消えるなどそんなことは一切ありませんでした。

 

ちなみに賃貸マンションなどでもマンションの一括契約ではなく各個人で契約している場合は電力会社の変更はできるみたいです。心配な方は大家さんに相談してみるといいかもしれません。 

 

まとめ

電力自由化が始まりもう既に4年が経過し今更かという内容ではありますが、私は家を建てたタイミングで電力会社を変更しました。思ったよりも手続きは簡単でした。それに加えて節約が出来ることもあり、契約している電力会社を見直すきっかけになればと思います。